• カテゴリ 課題と展望 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 課題と展望カテゴリのエントリ

ITエネルギー革命

カテゴリ : 
地熱発電 » 課題と展望
執筆 : 
admin 2011-8-15 14:18

世論はCO2削減にフォーカスした再生可能エネルギーへのシフトから原発の代替エネルギーにフォーカスした議論に変わってきております。しかし石炭以外の化石燃料は、あと60年程で枯れると言われ、この代替を考慮に入れたエネルギー政策を進める必要があります。

近い将来、エネルギー源としての化石燃料はコスト的に見合わなくなっている可能性が高く、プルサーマルがNGになれば現行電力の90%以上のエネルギー源を再生可能エネルギーに転換しなければならない事になり、大胆な政策が必要になります。

 

あ まり話題にしてもらえませんが、高温岩体発電は、漁業に例えると養殖型の地熱発電です。つまり自然の熱水溜のない所でも地上から水を供給して蒸気を作り、 発電する事が可能です。更に発生した熱水を利用した地域暖房により灯油とCO2削減、融雪、温泉リゾート、冬季農業への活用が期待でき、それらのインフラ 整備を併せれば相当な産業・雇用創出に波及できると考えています。

 

掘削費用が高いと言われていますが、海外から機材を運ん だり、機材の稼働率が高くないのが一因と研究者の方からお聞きしました。国家プロジェクトで掘削機材を導入し何本もの井戸を掘削する事や発電と送電を別会 社が担い、多くの発電会社を誕生させて電力のマーケットを創出し、そこにIT技術を噛ませてコスト負担や寄付機能を持たせる工夫を組み込めると考えていま す。

 

電力のマーケットでは、電力の送電ロスを削減する工夫や需給調整のために電力の消費地と発電所の位置、需給関係によっ て電気料金を変化させ、ITによる自動売買により電力の地産地消促進や需給問題の改善に寄与するようにします。また、世帯の無駄な電力を監視、カットする 事と併せた「ITエネルギー革命」がIT業界で生きて来た自身の使命だと考えるに至りました。

Adsense