トップ  >  新コンテンツ  >  エネルギー源の9割を代替

 

石油や天然ガスなどの化石燃料は当てにできない

  化石燃料は2046〜2072にかけて可採できなくなると言われています。(後述)
石油ピークは過ぎ、メタンハイドレートやシェールガスが有望視されていますが、数十年で石油や天然ガスが可採できなくなると言われている中にあっては焼け石に水の感があります。数千年の文明を意識した時、化石燃料は繋ぎと捉えるべきです。
しかし日本の電力の90%は原子力や化石燃料に依存しています。東日本大震災によって原子力の代替が叫ばれていますが、その3倍のエネルギー転換を図る必要があると考えます。
 

日本の電力を賄うための設備容量

  2009年の電力10社の発電電力量を基に設備稼働率を70%ととして試算してみます。
956500000000KWh ÷ 365日 ÷ 24H ÷ 70% = 155984996.73842144 ≒ 1億5600万KW

原発一基の設備容量がおよそ100万KWで全国に54基、これを約4800万KWとしますと、原子力の約3.3倍の設備が必要ですから、1億5840万KWとなり、試算値とほぼ一致します。

 

電力の単位について

  KWh(キロワットアワー:キロワット時)とは、エネルギー、電力量の単位。KWhという単位は電力の単位であるKW(キロワット)と、時間の単位であるh(時間)を組み合わせた単位です。つまり、1KWhとは、1キロワットの仕事率(電力量)を1時間続けたときの消費電力量(または発電電力量)の事を指します。

一般的に、電力会社から電気を購入した場合の単位や、太陽光発電システムやエネファーム(燃料電池)などで発電した電力量の単位についてはKWh(キロワットアワー)で表されます。ちなみに、単位の「k(キロ)」は1000をあらわすため、1kKWh=1000Wh(ワットアワー)ということになりますが、Whという表記がされる場面はほとんどありません。

エアコンの消費電力が2.5KWとなっている場合、このエアコンを5時間使用した場合の消費電力が2.5KW×5h=12.5KWhとなる。

KWhという概念は、速さ・時間・距離の関係で言えば、KWが「速度」でKWhというものが「距離」とたとえなおすことができる。つまり、瞬間瞬間の発電量・消費電力量をKW、それを1時間継続した場合の総発電量・総消費電力をKWhという単位で示す。


引用先:http://www.eco-words.net

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:72 平均点:5.00
前
地熱発電が未来を創る
カテゴリートップ
新コンテンツ
次
CO2削減に期待される地熱発電

Adsense