トップ  >  新コンテンツ  >  地熱のポテンシャル

 

地球の体積の99%以上が1000℃以上

  図は地球の断面図です。
地表から地球の中心まで6400Km、そこから地表に向かって内核、外核、マントルとあって、地表から厚さ30〜60Kmの部分が地殻です。なんと地球の体積の99%以上が1000℃以上で、地表から深い程地温が上昇します。
 

日本の地熱資源は世界第3位

  日本の地熱資源量は、2347万kWで世界で第3位ですが、これは実用化されている地熱発電の技術と経済性を考慮して妥当と考えられる掘削深度で得られるエネルギーだと理解しています。
従っ て、掘削技術の進歩やコスト低減などにより、より高深度の掘削が可能になれば、得られる出力は、もっと大きなものになります。

地球内部で発生する熱の大半は、天然放射性元素が崩壊する時の熱に由来するということで、常に熱が生み出され続けています。
アースポリシー研究所(Washington, DC) によると「地球の表面を覆う地殻の最上部、厚さ約10キロメートルの範囲に存在する熱エネルギーは莫大で、すべての石油と天然ガスの資源を合わせたエネルギー量の5万倍にもなる。」 ということです。
 

掘削深度

  大深度掘削の記録はロシアで12Km、日本で6.3Km、その坑底温度は火山のない所にもかかわらず摂氏200℃を超えるという記録が残っています。ちなみに火山の近くでは1000mm掘っただけで300℃というケースもあります。
 

電力の単位換算

  2347万KW(比較的多い表現) = 23470000KW = 23470MW = 23.47GW

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:79 平均点:5.57
前
世界のエネルギー事情
カテゴリートップ
新コンテンツ
次
日本のエネルギー事情

Adsense