トップ  >  新コンテンツ  >  将来的な技術

盛田 耕二博士によりますと、 1987年度から1998度までは、サンシャイン計画(その後のニューサンシャイン計画)で研究を行っているとの事です。
そして以下の情報も盛田博士によるものです。
 

ハワイ島でDCHE(Downhole Coaxial Heat Exchanger)の概念実証実験

  ハワイ島で行ったDCHEの概念実証実験によって、実際に高性能のDCHEを構築可能であることが確認され当面のターゲットである350℃程度までの高温湿潤岩体においては、システム構築上の大きな問題はありません。従って現状でも、DCHEによる発電の実証は可能と考えられます。次のステップとしてDCHEによる発電の実証をめざしていますが、もし、これを実現できれば、人類の夢の一つであるマグマ発電に一歩近づくことになります。
 したがって、現状でも、DCHEによる発電の実証は可能と考えられます。次のステップとしてDCHEによる発電の実証をめざしていますが、もし、これを実現できれば、人類の夢の一つであるマグマ発電に一歩近づくことになります。
 

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:65 平均点:6.15
前
日本の技術力
カテゴリートップ
新コンテンツ
次
エネルギーとICT(Infomation and Communication Tecnology)

Adsense