トップ  >  旧コンテンツ  >  コストと採算性について

コストについて


発電方式別の発電原価試算結果(1kWh当たりの発電費用)
発電方式
発電単価(円/kWh)
設備利用率(%)

水力

8.2〜13.3
45

石油

10.0〜17.3
30〜80

LNG

5.8〜7.1
60〜80

石炭

5.0〜6.5
70〜80

原子力

4.8〜6.2
70〜85

太陽光

46
12

風力

10〜14
20

注)設備利用率(%)=1年間の発電電力量/(定格出力×1年間の時間数)×100%

使用データ:経済産業省、エネルギー白書 2008年版(2008)

詳しくは
●総合資源エネルギー調査会電気事業分科会コスト等検討小委員会の報告書(平成16年1月)
バックエンド事業全般にわたるコスト構造、原子力発電全体の収益性等の分析・評価 〜コスト等検討小委員会から電気事業分科会への報告〜

引用元




地熱発電の原価試算結果(1kWh当たりの発電費用)
発電方式
発電単価(円/kWh)
設備利用率(%)

地熱発電

7.8〜18.25
70

注)設備利用率(%)=1年間の発電電力量/(定格出力×1年間の時間数)×100%
※15年平均単価を使用

引用元データ


上記の地熱発電のコストは、自然を相手に蒸気を掘り当てるという不確実性を排除するため、予め資源調査した上でのコスト試算と思われます。


採算性について


国内最大の地熱発電所の出力は原子力発電所の約1/10の規模しかありません。それは自然相手の不確実性と立地の制約(熱源が国立公園内や温泉郷の近辺)がネックになっているように思われます。化石燃料は数十年で枯渇する懸念が高い事から、日本はEGS発電やマグマ発電に目を向け、早く実用化できるよう研究開発が必要ではないでしょうか!?

掘削コストが下がり、EGS発電やマグマ発電の実用化のより採算性が上がる事を期待します。
現状のコスト試算と発電出力の関係は次の表のようになります。

コスト試算
引用元

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:193 平均点:5.08
前
地熱発電方式
カテゴリートップ
旧コンテンツ
次
こんな社会にしたい

Adsense